Return to site

女性活躍を推進する制度って加熱?冷却?

9月30日に実践女子大学でビジネスリサーチラボさんと進めている女性活躍推進研究会の定例研究会を開催しました。おおよそ2ヶ月に1度開催しています。
今回のテーマは女性活躍推進法を受けて各企業がどのように対応するか、でした。松下自身はメディア論や学習論、コミュニケーション・デザインが専門ということもあり、いつもそういった視点から女性活躍について話題を提供させていただいています。
今回は教育社会学で言われる「加熱・冷却」という視点で女性活躍に関わる企業の施策を見てみよう、という趣旨の報告と対話を行いました。組織を昇格や昇進などを炊きつける「加熱」とそこから漏れた人達に対する「冷却」システムとして見てみようという視点です。(*このあたりは竹内洋(1995)『日本のメリトクラシー』東京大学出版会などに詳しいのでそちらを参照してもらえればと思います。)