Return to site

クリエイティブにおける脱「とりあえず」を目指す

広尾商店街との取り組み

昨日は広尾プロジェクトのメンバーで先日行われた大鮪祭の来街者調査と今後のソーシャルメディア施策について振興組合へ報告しに行きました。商店街をメインとしたムービーを制作し、発信するということになり、どのようなものができるか楽しみです。
ゼミの性格上、メディア制作なども行います。そこで考えて欲しいのは自分たちがつくりたい(アートと呼んでいいかもしれません)ではなく、文脈への位置付け(デザインに近いかもしれません)として捉えて欲しいということです。「何かそういうのがあるといいよね〜」「とりあえずつくっておいたほうがいいかな?」ではなく、「何のために行う/つくるのか?」を考えて欲しいと思います。
今回のように相手(広尾商店街)がいる場合は特にそうですが、組織や地域において自分たちが行った課題発見、あるいはその課題解決の文脈からどのように位置付けられるのか?がポイントだと思っています。
また現地での調査や、演習で行っているソーシャルメディアでのプロモーションなど直接的な調査・知見はもちろんですが、それに加えて、ゼミでのメディア論、都市論などの専門書購読・ディスカッションもバックグラウンドに組み込んでいくことも「文脈化」「位置付け」には大事なのではないかと思っています。