Return to site

茶ッカソンで渋谷のインバウンド観光向けアイデアを実践してみる

先日は茶ッカソン@実践女子大学を行いました。

お題は「渋谷のコンシェルジュになろう!」ということで渋谷でのインバウンド向けのショートツアーを考え、実際に6/11には外国人に声をかけ実践するというものです。今週はゼミ生×社会人でそれぞれチームに分かれ、フィールドワークを行い、アイデアを練りました。

伊藤園・角野さまによる茶ッカソン・マインドの紹介、ティーマイスター横田さまによる氷水出し緑茶の淹れ方、東急電鉄・鈴木さま、MACHA・青木さま(http://mcha.jp)による渋谷、インバウンド観光についてのインプットの後、いよいよチーム始動です。

今回、割とこだわったのは「〜について知る・考える」「〜のアイデアを出す」だけではなく、「考えたのを実際にやってみた」というところまで含めることです。第1週目はフィールドワークで実際に外国人観光客に話しかけたり、渋谷を歩きながら自分たちのツアーのイメージを固めていきますが、次の週ではそれらのツアーを実際に声をかけて、体験してもらうところまでを行います。ハッカソンでのサービス・アプリ開発などになると社会系の学生にはちょっとキツい。でもアイデアソンをもう一歩進めたいと思っての企画でした。こうしたPBL、ソーシャルデザインやTactical Urbanismにも通じるプラットフォームを今後も探っていきたいと思います。

さて今回テーマとした観光自体は自分の専門ではありませんが、メディア論との接点としてD. ブーアスティン『幻影の時代』という研究があります。1960年代の研究ですが、その中で、観光について、かつてのTraveler(旅人)が没落し、代わってTourist(観光客)が台頭したと指摘されています。確かに観光が産業となり、スナフキン的な?さすらうイメージの旅人は、ガイドブック片手にカメラを持ち安全・安心な観光客になりました。

訪日外国人観光客が増える中で、何度も日本に来ているという観光客も増えました。そうした人たちにとってはガイドブックなどに載っている「いかにも」ではなく、スマホを片手に「そんなところにも?」というものが期待されているとも言えます。しかし、「そんなところにも?」を探すためにはどこが「いかにも」なのかに精通していないといけない。そういった意味では、様々な情報を遮断するのではなく、むしろ「いかにも」を含む情報にどっぷりと浸りつつ「そうではないもの」を探す「二次的なTraveler」というものが登場しているのではないかと思ったりします。こうした「二次的なTraveler」と一緒に渋谷の魅力を体験できればなぁと思います。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly